店舗に行かなくても申込できる専業主婦でもかりれるカードローン

 ダンナに内緒で当座の資金を準備したいという事情は、専業主婦であってもあります。
 また、できれば店舗に行かずに申込をしたいというのが正直なところです。

 そのような専業主婦の方のために、ぴったりなのが銀行のカードローンです。
 信販会社ではダメな理由は、総量規制の影響でダンナの源泉徴収票や所得証明書等の書類が申込に当たって必要だからです。
 ダンナに内緒でこのような書類を持ち出せる環境にある専業主婦は多くありません。

 しかし、銀行の専業主婦カードローンであればこのような心配は無用です。総量規制の対象外だからです。
 専業主婦でもかりれるというキャッチフレーズで宣伝をしています。
 もちろん申込に当たっては、ダンナの職業がわかる書類等が必要ですが、多くの場合健康保険証があれば勤務先が分かりますので、これ以上の書類を要求される事はありません。
 また、最近はWEB上で申込が完結するケースが多く、健康保険証等はスキャナーで画像を読み取りメールで送信するという方法を取っています。

 このように、店舗へ行かずに申込はできますが、専業主婦でもかりれるという表示がない場合は申込できないので注意が必要です。

専業主婦でもかりれる低金利のカードローンってなに?

家計を預かっている主婦の方であれば、生活費が足りなくて困ったという経験が少なからずあるのではないでしょうか。
しかし現在は、総量規制という法律が新たに制定され、『借り入れは年収の3分の1まで』と決められています。
では、収入のない専業主婦の方は一体どうすればいいのでしょうか。

実は、専業主婦でもかりれる方法はちゃんとあるんです。
『銀行系カードローン』て聞いたことありませんか?
この銀行系カードローンには、総量規制の法律が適用されていません。
ですから、専業主婦の方でも、ご主人の収入の3分の1までの範囲で借りることが可能なんです。
また、ご主人の収入証明書や同意書などの面倒な書類も一切必要ありません。
申込みはとても簡単ですし、審査もとても早く、即日融資を受けることだって可能です。
さらに、銀行系カードローンはほかの貸金業者に比べても低金利なので、この点は本当に助かりますよね。

このように専業主婦でもかりれる方法を利用して、うまく家計のピンチを乗り切りましょう。

専業主婦でもかりれるカードローン、追加借り入れはどうする?

専業主婦でもかりれると人気のカードローンですが、その返済方式は大体どこの業者も同じで、残高スライドリボルビング払いが主流になっています。
これは、借入残高に応じて月々の最低支払額を決めておき、毎月その返済をしていて、更に利用可能額の範囲内であれば、いつでもいくらでも借り入れや返済が自由にできるというものです。
このシステムにより、追加借り入れの度に業者に連絡を入れたり、一括返済や繰り上げ償還をする時に費用負担をすることが無くなり、利用しやすさが増しています。
しかし、専業主婦でもかりれるように受け入れ窓口を広くしている業者は、ある程度貸し倒れも想定して金利を高めに設定しているところがほとんどです。
追加借り入れのしやすさもあいまって、不要な借り入れまでしてしまう人もいますが、利用する時には必要な額だけを借り入れ、返済をする時は約定どおりのものに加えて、余裕ができたときにまとめて返すなどの努力をしましょう。

使い方は自由で、専業主婦でもかりれるカードローン

カードローンというのは銀行や消費者金融が扱っている無担保の小口融資のことです。専業主婦でもかりれるところが多い上、使い方も自由になっており、保証人が必要ないので気軽に利用している人が多数います。
基本的に銀行のローンのほうが金利が高いので、こちらで融資を受けることができればいうことないのですが、審査が厳しいので安定した職業に何年も努め続けている人でなければ難しいでしょう。
一方、消費者金融のカードローンは専業主婦でもかりれるものが多く、融資スピードも速いので、申込んだ時間帯によっては即日融資を受けることもできます。
利用目的も特に問われませんし、インターネットで相手の顔を見ずに手続きができますので、初めての利用でもそれほど心配することはありません。
金利は高めになっていますのでできれば早く返済するのが理想ですが、毎月数千円程度の返済を続けている限りは、損害金の負担も無く追加借り入れも自由にできます。